男女による育毛剤の効果の違い
2017.04.04

頭育毛剤は長らく、男性のために存在する商品でした。性別による特徴として、女性は薄毛という悩みを抱えることはないと考えられていたからです。現在では様々な研究によって、女性の髪の豊かさも決して盤石ではなく、ストレスや加齢をきっかけに、女性も薄毛の状態になりうることが明らかにされています。それでもかつての名残として育毛剤イコール男性用とする図式は見られ、女性向けの商品は、別個の女性用育毛剤として店頭に並んでいるケースが少なくありません。男性向けの製品と女性向けの製品を分ける動きは、イメージのみの問題に止まらず、男女の薄毛の起因の相違という、きちんとした根拠をもって成り立つものです。男性と女性には、薄毛のプロセスに違いがあり、同じように治療薬を使用していても、同じように効果を得ることはできません。男性と女性で、薄毛の治療に求めるべきものは異なるのです。

男性用の薬剤では、男性の薄毛の原因として頻繁に指摘される、男性ホルモンの過剰分泌を、抑える機能を持つ品が多く見られます。仮定としてホルモンのトラブルを原因に据えた場合に、頭皮の状態を整えることや、髪に栄養を与えることよりも、その改善が最優先事項となるからです。女性ホルモンによる髪の成長を阻む、過剰なほどに増えた男性ホルモンは、健康的な髪を生やすために、真っ先に抑制していかなければなりません。反して女性の薄毛には、性質上男性ホルモンが影響することはほとんどないので、男性用の商品で対策をしたところで効果が見られる可能性は限りなく低くなります。女性用のアプローチができる、専用の薬剤の使用こそが、女性を対象に含まない従来の製品では辿り着くことが叶わない、薄毛改善への道を開きます。

加齢からくる頭皮環境の悪化という、男性とも共通する要因に加えて、女性の薄毛発症の重大なファクターはカラーリングやヘアアレンジの連続による、髪の毛の酷使にあると言われます。そのため女性用に開発された製品には、ヘアケアの成分が豊富に配合されており、薬用育毛剤とも呼ばれるその品は、髪や頭皮の疲労を取り除くことを第一に働きます。女性用に開発された製品は、目的の方向性ゆえに栄養剤的な色合いが濃く、男性が用いるのにも支障はありません。ただ発毛という結果を望むなら、育毛剤通販効果おすすめランキング等から男性は男性の、女性は女性の育毛剤を探して、それが髪に見せる効果を期待していくのが確実です。試行錯誤している間にも、薄毛は進行していきます。どんな効果を試すにしても、毛穴が機能を失ってしまうまでがリミットです。

▲ ページトップへ